アイデアの出し方

この仕事をしていると、よく「どうやってアイデアを考えてるんですか?」
と聞かれることがあります。レストランなどでヒントを得たりするんですか?とも。
うーん、確かに食べながら盛りつけのアイデアや素材の組合せ、調理法などを考えることはあるかもしれません。
でもそれよりは私の場合、書きながら考えることが多い。
愛用のクロッキー帳にランダムに思いつくまま、キーワードを並べたり、自分なりのストーリーを組立てたり。外で誰かと食事する時は、なるべく今まで食べた事のないものや
珍しい組合せのものを選んだりして、いちいち感想や思いついたことをしゃべりながら食べます。けっこううるさいです笑

でもそうやってアウトプットすることで、印象に残りやすくなる。外で何か見たり食べたりしてアイデアを思いついた時は、手帳に書き留めておいたり。ってそんなに頻繁にやってませんが、、。

テーマ性のあるケータリングで、きちんとコンセプトを作る場合はひたすら文字やスケッチを書いて書いて、ずーっと頭の片隅で考え続けて、そこから色々な要素を削ぎ落とし、まとめます。
たぶん、出来上がったものの5倍以上はアイデアを出しているんじゃないかな。
こういったプロセスは空間デザインでも同じだったので、考える頭は同じなのです。
前職が空間デザインの仕事だったので、「なんで全然違う分野にいったの?」ってよく言われるんですが、私の中では同じ。

表現するものが空間か、食べ物か、という違いだけ。

書いてアイデアをまとめると言いましたが、たぶんその素(もと)は今まで見たものや体験してきたことが蓄積されて、頭の中に色んなカケラが溜まっていて、そこからその都度引き出しを開けて必要な要素を繋ぎ合わせてるのかもしれません。
クリエイティブなことをするために色んなものを見に行く!というような気負いや情熱は私の場合あまり湧かず、単なる好奇心から行動することばかり。知りたい欲求、体験したい欲求。
ただそれだけなのです。基本は出不精、普段は○○展、などにはほぼ行かずレストランも滅多に行かないぐらいです、、。
みんなが行ってるイベントや展示会、ショップ、、興味はあるけれど
参加するよりもそれを製作する側にいたいと思う。
どうしたら皆が喜んでくれるんだろう?どういうことに人は集まるんだろう?

そうやって考えることが好き。

時間ができたらぼーっとするのが大好き。
そういう時にカフェなどで思いつくままに妄想をメモするのです。
こういうことできたらいいな、こんなサービスあったらいいな、とか。
そうやって妄想していたことがふとした瞬間にビジネスに繋がったり、
何かのアイデアを思いついたりするのです。

会社員の時は妄想は妄想でしかなかったけれど、今は妄想していれば実現できる!と思えるようになった。そうするとさらに妄想が楽しくなったりして笑

空間設計の場合、店舗デザインだと最低でも3ヶ月〜長いと1年とかかかりますが、料理の場合、思いついたらすぐに具現化できる!
せっかちの私にはぴったりの仕事です。
さらに飽きっぽくて同じことを何度も繰り返すことが苦手なので常に新しいものを作れるこの仕事は、本当に自分に合ってるなーと思います^^
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中