デザインするということ

デザインする、という行為の定義は色々ありますが、一般的には「問題解決」のための手段だ、ということが謳われています。

姿形のことではなく、思考を目に見える形に練り直す作業そのものだ、とも。

デザイナーと呼ばれる人達も、あらゆる分野でたくさんいます。

問題解決のためのデザイン。
その問題というのは本当に問題なのでしょうか?
情報過多であらゆるものが出尽くしている先進国において、問題として捉えなければいけないことって何なのでしょうか?
車や洋服、家具、レストランやホテル、お店、電機製品、住宅、、、。
各業界「もっともっと」とお金をかけ、新しいデザインや機能を作り出し、人々は「もっともっと」とそれを求める。

その一方で現代病の蔓延、過密と過疎、職難民と人手不足、コミュニケーション不全、、、。本当に解決しなければいけない物事が置き去りになったまま、欲求だけが無限に膨れ上がり、目的が見えないままに歯車が廻り続けているような、そんな感覚にさらされることがあります。

大事なことってなんだっけ?

会社員の時、おはようや行ってきます、ただいまの挨拶をしない人を見る度に疑問に思っていた。マンションですれ違ってもこんにちはすら言わず目を反らして携帯を見てる人と会う度にも。仕事以前に心が健康じゃないんだなって。

今私はフードデザイナーとして、食にまつわる色んなことをデザインしています。料理を美味しく綺麗に作れる人はたくさんいるし、美味しい料理を出してくれるレストランもそこらじゅうに溢れてる。

じゃあ私ができること、私にしかできないことって何だろう。
食という素晴らしいツールを使って、私にしかできないことをやろう。
デザインというものの定義とデザインする意味を見失いかけていた頃、悩んで考えてとにかく何か始めようと思った。
美味しいものは心を満たしてくれるし、人と人を自然と繋いでくれる。
この最強のツールを使ってもっと大きなスケールで、世の中を良くするアイデアがきっとある。膨れ上がる欲求を満たすだけのデザインはもうしたくない。まだまだ階段の途中。でもきっと実現できる。
そんな妄想をしながら今日も仕込する。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中